アーカイブ

演奏会案内

音楽演奏における「響き」を考える会

タイトルを見るとご大層なタイトルなのでみなさま躊躇されるかもしれませんが、
要するに自分の考える音楽をどのようにすればより皆様に伝わるかをみんなで考えましょう!!という参加型の講座です。
どうぞ、楽器をお持ちになり普段一緒に組んでいる仲間とご参加ください!!

続きを読む

フルート教室ファルベ発表会のお知らせ

『笛吹き達のコンサート』

4月6日(土)12:30より、鶴見駅すぐにあるサルビアホール(4F)にて、フルート教室ファルベの生徒さん達の発表会を開きます。
日頃のレッスンの成果を思う存分披露していただきたいと思います。
講師演奏もございますので、フルートに興味のある方、フルート教室ファルベに興味ある方は是非いらしてくださいね!!

 

IMG_20190331_0003

演奏会のお知らせ

音楽演奏における「響き」を考える会

人前で演奏することを考える時どのように演奏すれば聴衆に自分の考えを正しく伝えられるかを誰でも考えると思います。
今回は、その一助になればと思いこのような講座を開くことといたしました。

続きを読む

演奏会のお知らせ

私たちの演奏を聞いたことがない方は是非聴いてみてください!!

フルートは美しい音が出ると思っている方々!!
優しい音色が聞きたいと思っっている方々!!
たくさんの音色の変化を聴きたいと思っている方々!!
是非、2月16日午後3時に明治神宮前のhall60にいらしてください。
心安らぐひと時をお楽しみいただけると思います。

2-16チラシ2-16チラシ裏面

フルート教室ファルベからのお知らせ

『フルート教室選びでお悩みの方へ』

フルート教室はたくさんありますね!
フルートは習いたいけど、どの教室が良いのかな?
みなさん悩んでいらっしゃると思います。
まずは、その教室の先生がどんな演奏をするのか生演奏を聞いてみるというのは、先生選びの一つとして良い方法だと思います。

来る2月16日(土)15時より、明治神宮前にあるhall60でフルート教室ファルベ講師二人が演奏会を開きます。
是非聴きにいらしてくださいね!!

2-16チラシ2-16チラシ裏面

フルート教室ファルベ 忘年会

IMG_0438

フルート教室ファルベの忘年会をいらっしゃれる方々だけで開きました。

フルート教室ファルベの想いはただ一つ! フルートライフを最高に楽しんで頂くことだけです。
なんでもお手伝いしますよ!!

皆様にとって、2019年が素晴らしい年でありますように!!

 

 

「演奏会のお知らせ」

〜土曜日のアフタヌーン・コンサート〜

IMG_20181201_0001

 

来年1月26日(土)16時開演、桜木町の「紅葉坂教会」です。

共演者の安(あん)さんは、こちらの教会の専属オルガニスト。

彼女はモダンピッチのチェンバロも所有しているので、この演奏会では教会にチェンバロを運び、

前半はチェンバロとフレンチバロックを、後半はオルガンとバッハなどドイツバロックでプログラミングしてみました。

実は私もオルガンとの共演は初めて。

どんな風になるか楽しみです(*^_^*)

桜木町の駅から坂が少しありますが直ぐです。

皆様のご来場をお待ちしております!!

チケットのご用命をこちら(ファルベ)にご連絡くださっても構いません。

音楽作りの裏側お見せします

「私達の公開練習を見に来てね!!」

11月13日(火)17:30〜19:30 田園都市線・青葉台にあるフィリアホール・リハーサル室にて公開練習をお見せいたします。
入場料は¥500 当日、受付にてお払いください。

続きを読む

リサイタル終了

かつてない程の(自分の演奏会で、よ!)大雨に見舞われたリサイタル当日。

GPでタンポくっつくし「あ~湿度がやだぁ~!!」ってな具合。。。

しかしそんな足元の悪い中、思いもよらぬほどのお客様がいらしてくださり感謝です!

この度は直前にピアニストの土屋さんのご家族にご不幸があり私までもがかなり動揺しましたが、

流石!の土屋さんのプロ根性のおかげで逆に励まされました。

しかし不思議な感覚のリサイタルでした。

土屋さんのお宅で練習していた時のある意味延長で、ちょっとお茶飲みながら二人でお喋りして「じゃあまた今度ね」

というような・・・

でも本当に、裏方を手伝ってくれたたくさんの人々、雨の中いらしてくださったたくさんのお客様。

つまり多くの方々に助けられ見守られて演奏会が開ける、ということ。

それ故に、今持てるものを精一杯出し切ること。

開催させていただけて感謝です。

皆様ありがとうございました!!!DSCF5424 Dsc_0923 Dsc_0963 Dsc_0998

演奏会のご案内

素来 聡子 フルートリサイタル

 

来たる9月21日(金)19時開演、青葉台フィリアホールにてリサイタルを開催します。

ひとりでも多くの方に聴いていただきたくご案内申し上げます。

当日使用するフルートは、フランス製の「クロード・リーヴ」という楽器です。

おそらく世界中でもこの楽器を日頃から愛用しているフルーティストは非常に少ないのでは・・・。

1877年〜1895年までパリの工房で作られていた銘器で、1900年のパリ祭に出品した、という記録はあるのですが、もうその時には新たな楽器は作られていなかったことになります。

初代で終わってしまったようで何より現存する数が少ない。

しかし、ひょんなことからボロボロの状態かつケース無しで私のところにやって来ました。

楽器の話はともかく、私の大好きなピアニスト、マリア・ジョアン・ピリスがあるインタビューでこのように答えてます。

「最近の楽器は性能が良くなって大きなホールで大きな音が鳴るように作られている。

 そのためか、楽器と演奏家が分離している。

 楽器を演奏することは、歌を歌っているのと同じことだ。

 昔は楽器とともに対話しながら音を作っていた。

 音楽と芸術に敬意を払い、色のある音を演奏家は常に探究しなければならない。」

さて、どうなりますことやら分かりませんが、私も常に思っていることです。

前日までのお申し込みで前売り券扱い(¥3,500)になります。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

9-21チラシ4